30代の仕事探しスタイル|経験を活かす転職術

*

1.転職市場における30代の扱いはいかに?

 働き盛りの30代。社会人として脂の乗った時期ですから、企業内でも中堅社員として仕事を任され、ただ上から言われた作業をこなすだけでなく、自分が上に立ち、後輩などを指導する立場の人も増えてきます。

 仕事を任されるようになったからこそ若さで突っ走ってきた20代とは違い、ある程度シビアに周りが見渡せるようになる時期です。定年までの道のりや、会社の将来性が見える位置に立ってますから、このまま今の会社で働き続けて良いのか? と不安を覚える方が増えるのも30代。自身のスキルアップを考え今の職場では頭打ち感があるのならば転職も視野に入れたいものです。

 しかし企業側が簡単に人員整理を行うご時世、30代で転職するなんてリスクが大きすぎる、35歳過ぎたら転職なんて無理だと諦める方が多いのは残念です。

 人材の流動化が進む現在、実は30代の転職は、「一定の経験があり、企業側のニーズとマッチする即戦力」であれば、給与・待遇アップで転職された方が多くいるのです。これまで転職市場の花型は20代後半でしたが、近年では20代後半の人気に曇りが出ており、逆に即戦力として十分に実力を備えた30代に人気が移ってきているからです。仕事探しをする上で30代ということだけで大きな武器となりうるでしょう。年齢だけでは転職が成功できるとは限りませんのでその他の強みも見てみましょう。

2.転職市場で30代の一番の売りとは?

 もちろん転職市場で人気の30代と言えど、まったく経験や実力のない人材であれば苦戦することは言うまでもありません。30代から未経験分野に飛び込むことは無謀だというのは事実です。また、若い人でも出来るような仕事であれば、経験が合っても厳しいことも付け加えておきましょう。

 転職市場の中で30代の魅力と言えば、まだまだ十分に働ける体力を持ちつつ、それでいて10年近い社会人経験を持っていることです。つまり、他の世代と比べても文句なしの「使える即戦力」であることが一番の売りなのです。

 その上で「豊富な業務知識」「チームをまとめるリーダーシップ」「業界内での幅広い人脈」「マネージメント能力」などがあれば、条件アップでの転職も夢ではありません。これまでの経験を活かし即戦力となる転職であれば30代前半だろうが、後半だろうが好条件で転職は可能です。

3.30代で転職を成功させた人の共通点とは?

 30代の転職で成功できた人の共通点を挙げれば、何よりもまず、『転職先を仕事内容で選んだ人』たちです。

 何を持って成功と観るかは人それぞれですが、転職後、「新天地で実力を発揮できた」「新しい職場に馴染むことができた」「長く続けることができそうだ」という観点であれば、直ぐにでも「仕事のできる新人」という目で見てもらうことが肝心。ただ給与が高いからという理由で転職先を決めるのではなく、「自分はどれだけ貢献できるか?」という観点で仕事探しをするのであれば実力を発揮しやすく、ひいては同僚や上司からの信頼を早めに勝ち得ることが可能となり、より能力が発揮しやすい状況となります。

 これぞ年齢を問わず、転職成功パターンの王道と言えるのではないでしょうか。

4.30代の転職にも効く転職サイトをフル活用する

 転職するための情報源はいくつかありますが、公共機関である「ハローワーク」や旧来型メディアである「転職情報誌」や「新聞の求人情報欄」などを差し押さえ、30代で転職を決めた方の多くが複数の転職サイトを利用しています。

 転職サイトの利点といえば、情報取得の簡易さが挙げられますが、それ以上に「情報の質と量」にも定評があります。特に求人サイト最大手の「リクナビNEXT」は断トツの利用者数を誇り、有名企業から中小企業まで揃った質の高さと求人件数の多さが魅力となっています。忙しい30代でも利用しやすい「スカウトサービス」が好評です。

 また、転職のプロが各利用者に適した求人を紹介してくれる「リクルートエージェント」は顧客満足度が高く、求職者自身が気づかない隠された能力の発見の手伝いもしてくれます。ネット上では公にできない極秘求人も多いため、30代で即戦力として同業他社に転職希望の方には特にお勧めです。

5.転職サイト者の成功体験談

 夫の地元に引っ越すことになり泣く泣く前職を退職しました。初めて住む地方都市で友達もツテもなく、どうやって仕事探しをすれば良いのかも分からなかったのでとりあえず「リクナビNEXT」で探してみました。(OMさん・30代・女性)

 土地勘もほとんど無いので勤務地と地図とを見比べながら探す日々を送ってましたが、たまたま通勤に便利な隣県の求人があり応募してみたところ、前職が活かせる仕事のうえ社風もよく「ここで是非働きたい!」と思える会社に巡り会えました。先方にも気に入って頂けたようで、現在その会社で働いてます。地方の求人まで取り扱っているリクナビNEXT。侮れませんよ!

 全国津々浦々から求人を集める「リクナビNEXT」は地方勤務を考える方にも役立つ転職サイトです。UターンやIターンを考えるのなら是非参考にしてみましょう!

 20代後半に転職した外資系商社がまさかの撤退。30代で再度転職活動を開始。ハローワークでは埒が明かないことは明白なため、会社の撤退が決まったその日にリクルートエージェントに登録。翌日面談に行った。担当者は外資系企業をメインに扱っている方であったが、たまたま日系ではあるがグローバル展開している中堅メーカーでの海外営業のポストをその場で紹介してもらい、その翌週には企業面接を受け、最終的に1ヶ月掛からず転職が決まった。求人探しにはタイミングの問題もあるのだろうが、リクルートエージェントの担当者には素早い対応に感謝している。(TKさん・30代・男性)

 エージェント型の転職サイトである「リクルートエージェント」では、日系・外資系ともにグローバル人材向けの求人が多くあります。タイミングが合えばトントン拍子に新天地が決まることもザラにあるので、まずはどんな求人があるのか確認してみると良いでしょう。

6.最後に

 今現在、仕事である程度の経験と実績があれば、30代の転職を悲観することはありません。良い求人に出会うためにはタイミングが大切ですから、焦らずじっくりと“あなたに合った”求人を探しましょう。

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
スカウトメール機能など便利なサービスが多数あり、転職活動の効率もUP!!


公開日:
最終更新日:2015/03/02