30代の仕事探しスタイル|経験を活かす転職術

*

在職中と退職後、転職活動に適しているのは?

   

在職中に転職活動をする

 30代の場合、家族がいるひとも多いので、自分の意志だけで、転職活動をスタートするのは難しいケースも少なくありません。在職中に転職活動をスタートすれば、日々の生活費に困ることはありませんし、勤務先に内緒で行っていれば、うまくいかなくても、その会社に勤め続けることはできます。

 また、履歴書や職務経歴書にブランク期間ができることもないですし、日々の仕事で実績を積めば、それが自分の市場価値をアップすることにつながります。

 求人探しや企業研究、応募書類の作成にかける時間は限られますが、腰を据えて転職活動をしたいなら、在職中にスタートすべきでしょう。

退職後に転職活動をする

 退職後に転職活動をするメリットとしては、求人探しや企業研究、応募書類の作成といったプロセスに十分に時間をかけられることに加え、希望の転職に必要なスキルや資格の習得にも取り組めることがあげられます。

 ただし、退職日から日に日に応募書類のブランク欄が長くなるので、計画的な活動が不可欠です。

【関連記事】
30代の転職計画
市場価値を知って現実的な転職をする

 - 転職準備・進め方

  関連記事

市場価値を知って現実的な転職をする

地に足の着いた転職活動を行うために  30代が応募可能なキャリアアップや年収アッ …

30代の転職計画

退職スケジュールと同時に考える  30代は転職市場の中でも人気が高く、ハイクラス …