30代の仕事探しスタイル|経験を活かす転職術

*

市場価値を知って現実的な転職をする

   

地に足の着いた転職活動を行うために

 30代が応募可能なキャリアアップや年収アップにつながる求人は多々ありますが、求職者のすべてがその恩恵を受けられるわけではありません。過去の勤務先企業の規模や所属部署、在籍年数とこれまでの実績、持っているスキルなどにより、個人の転職市場での価値には、大きな開きがあります。

 自分の市場価値がどのくらいなのかをきちんと理解したうえで、地に足の着いた転職活動を行わなければ、いつまでたっても内定を得ることはできません。まず、自分の転職市場での価値を、しっかり把握することから始めましょう。

市場価値を知る方法

 30代が自分の市場価値を知る方法としては、転職サイトのスカウト機能を活用し、オファーを待ってみるというものがあります。自分の経歴レジュメを見て、どんな企業から、どれくらいの数のオファーが届くかで、自分の市場価値の目安を知ることができます。

 また、転職エージェントを活用している場合、担当のキャリアコンサルタントに直接自分の市場価値について質問すれば、転職市場や業界動向を鑑みたうえでの実感値を教えてくれるはずです。自分を過大評価しても、過小評価しても、希望の転職にはつながりにくいので、しっかり調べてください。

【関連記事】
30代の転職計画
在職中と退職後、転職活動に適しているのは?

 - 転職準備・進め方

  関連記事

在職中と退職後、転職活動に適しているのは?

在職中に転職活動をする  30代の場合、家族がいるひとも多いので、自分の意志だけ …

30代の転職計画

退職スケジュールと同時に考える  30代は転職市場の中でも人気が高く、ハイクラス …