30代の仕事探しスタイル|経験を活かす転職術

*

逆質問を有効活用する

   

アピールタイムとして活用する

 「逆質問」も、鉄板と呼ばれる面接の質問事項の一つです。30代ともなれば、この「逆質問」を有効活用できるかどうかで、内定率が変わると言っても過言ではありません。

 企業研究の中で疑問に感じたことや、面接官との質疑応答での不明点を聞くのはもちろん良いことですが、それだけにとどまらず、アピールタイムにすることを意識した、「逆質問」をぶつけてみましょう。

 例えば、「私のこれまでの●●という経験は、すぐに現場で活用することができそうですが、事業拡大にあたって、さらに求めるスキルやノウハウがあれば、具体的に教えてもらえますか?」というように、自分が即戦力となりうることをアピールしながら、入社後に貢献するために努力することを惜しまない姿勢をも伝えるのです。こうした「逆質問」は、複数用意して、面接に臨みましょう。

情報収集の場として活用する

 一方で、30代ともなると、入社後にミスマッチに気づき、改めて転職活動を行うことは、キャリアにおいてマイナスにしかなりません。そのため、自分が入社に値する企業かどうかを、面接時間で見極めるという観点も必要なのです。

 直接的に職場の雰囲気や勤務条件を尋ねるのは、自己評価を下げてしまいますが、「自分と同年代の方がどのような活躍をされているのか、ぜひ教えてください」と逆質問することで、職位や職責の範囲の検討をつけることができるなど、方法はあります。

【関連記事】
30代の面接で語るべき志望動機
30代の面接対策

 - 面接対策

  関連記事

30代の面接で語るべき志望動機

履歴書と同じ言葉をくり返してはいけない  面接で必ず聞かれる質問の一つに、応募企 …

30代の面接対策

事前準備で面接の成否が分かれる  30代が希望の転職を果たすための面接に臨むなら …