30代の仕事探しスタイル|経験を活かす転職術

*

30代が活用すべき求人情報媒体

   

求人情報媒体ごとの特色とは

 さまざまな求人情報媒体が、それぞれ利益を得られているのは、その特色と扱っている求人情報が異なるからです。

 例えば、全国各地の多種多様な求人情報を扱っているのは、総合型の転職サイトや転職エージェントですし、地元の中小企業などの情報を数多く扱っているのは、ハローワークや求人情報誌、新聞の求人欄などです。

 自分が目指す転職を果たすためには、その求人情報媒体が適しているのかを、まず自分なりにリサーチすることが必要です。

サービス内容も含めて検討する

 自分に合った求人情報媒体を探すときには、サービス内容も含めて検討するのがセオリーです。例えば転職サイトなら、自分の希望する転職の条件を登録しておくと、マッチした新着情報が、定期的にメールで送られてきます。

 転職エージェントやわかものハローワークを活用すると、専任の担当者がつきますので、希望とマッチする求人があれば連絡がきますし、応募書類の添削から面接のアドバイスまで、個別サポートしてもらうことができます。

 こうした特色の違う求人情報媒体を併用することで、さまざまなノウハウを得ながら、効率的に転職活動を進めてみるのも、よいと思いますよ。

【関連記事】
転職エージェントを30代はどう活かす?
転職サイトのスカウト機能を30代はどう活かす?

 - 求人情報

  関連記事

転職エージェントを30代はどう活かす?

転職エージェントのサービス内容  転職エージェントとは、正式名称を人材紹介会社と …

転職サイトのスカウト機能を30代はどう活かす?

転職サイトのスカウト機能とは  転職サイトのスカウト機能とは、自分のこれまでの職 …