30代の仕事探しスタイル|経験を活かす転職術

*

30代の履歴書で見られるポイント

   

履歴書で見られるポイント

 履歴書は、応募者個人の経歴を伝えるための書類なので、個人情報や学歴・職歴、持っている資格や免許、扶養家族の有無など、採用に際して必要な最低条件が、比較検討しやすいように、定型を守って書かれていることがセオリーです。

 そのため、転職者用の履歴書フォーマットに基づき、必要な情報が網羅されているかどうか、また募集職種にマッチした学歴や職歴を持っているかどうかを、まずチェックします。

 その際、履歴書に貼られた写真の印象が良いかどうかも、書類選考やその後の面接に少なくない影響を与えます。

 30代であれば、ビジネスにふさわしい服装や髪形であるのはもちろん、清潔感があって、表情が柔らかいひとの方が好印象を与えるのは間違いありません。写真スタジオなどできちんと撮影し、貼付するようにしましょう。

履歴書の肝は「志望動機」

 とはいえ、履歴書の中で一番注視されるのは、何と言っても「志望動機」です。30代ともなると、応募企業に入社したいという熱意や、募集職種に対する意欲だけが書かれた「志望動機」では、書類選考に残ることはできません。

 自分がこれまでに培ってきたスキルやノウハウが、入社後にどう活かせると思うのか、入社後はどのように応募企業に貢献していきたいのかという、自分を採用するメリットを必ず盛り込みましょう。

【関連記事】
30代の職務経歴書で見られるポイント
応募書類を送るときにも注意が必要

 - 履歴書・職務経歴書

  関連記事

応募書類を送るときにも注意が必要

応募書類はビジネス文書と同じ  応募書類を郵送する際、封筒の選び方や宛名書きで、 …

30代の職務経歴書で見られるポイント

職務経歴書で見られるポイント  職務経歴書は、応募者がこれまでにどんな企業のどん …