30代の仕事探しスタイル|経験を活かす転職術

*

30代の職務経歴書で見られるポイント

   

職務経歴書で見られるポイント

 職務経歴書は、応募者がこれまでにどんな企業のどんな部署で、どれくらいの期間、どんな仕事をして、どんな結果を出し、どんなスキルを身に付けたのかを、端的に知らせるために提出する書類です。

 そして、勤務先の規模や職位によって、仕事の経験値に幅が生まれますから、現場の仕事内容を知らない採用担当者から、現場の責任者、経営陣まで、誰が読んでも応募者個人の経歴がわかるように、しっかりまとめておくのがセオリーです。

 過去の仕事の実績といまできること、今後何がしたいのかが、わかりやすく書かれていれば、即戦力となりうるかどうかを判断できます。自分のスキルと強み、今後のキャリアビジョンを、しっかり書いておきましょう。

プレゼンテーション能力もチェックされる

 職務経歴書は、30代の応募者のプレゼンテーション能力をはかる指標にもなります。

 「編年方式」「逆編年方式」「キャリア方式」いずれのフォーマットを選んだのか、レイアウトに表組や小見出しをたてるなどの工夫があるか、自己PR文で意欲や熱意だけでなく、応募企業にどんな貢献ができるのか、自分をしっかりアピールできているかどうかも、チェックされています。

【関連記事】
30代の履歴書で見られるポイント
応募書類を送るときにも注意が必要

 - 履歴書・職務経歴書

  関連記事

応募書類を送るときにも注意が必要

応募書類はビジネス文書と同じ  応募書類を郵送する際、封筒の選び方や宛名書きで、 …

30代の履歴書で見られるポイント

履歴書で見られるポイント  履歴書は、応募者個人の経歴を伝えるための書類なので、 …