30代の仕事探しスタイル|経験を活かす転職術

*

30代の転職計画

   

退職スケジュールと同時に考える

 30代は転職市場の中でも人気が高く、ハイクラスな求人も増えています。とはいえ、これまでのキャリアと実績、在籍年数などで、書類選考の通過率に個人差が生まれる年代でもあります。

 そのため、経済的基盤を担保するという意味で、在職中に転職活動をスタートするひとも多いようです。30代の転職に成功するためには、きちんと計画的に活動を行うことがセオリーですが、その際、退職スケジュールを同時に考えておくことが大切です。

 中堅社員である30代の退職は、在職する勤務先にとって影響が大きいので、希望通りに退職日が設定できないケースが少なくありません。転職先に迷惑をかけないように、きちんと包括的な計画をたてましょう。

保険や年金の手続きも視野に入れる

 転職計画をたてるときには、いつまでに内定を得るという、目標日を定めて、そこから逆算して計画をたてます。その際、希望の退職日を定めておくことも大切です。

 有給休暇消化後にすぐに転職先に入社予定なら問題ありませんが、退職してから少し休むとなると、健康保険や年金の切り替え手続きが必要になります。そうした事務手続きやかかる費用についてもきちんと計算したうえで、転職計画を立てましょう。

【関連記事】
市場価値を知って現実的な転職をする
在職中と退職後、転職活動に適しているのは?

 - 転職準備・進め方

  関連記事

市場価値を知って現実的な転職をする

地に足の着いた転職活動を行うために  30代が応募可能なキャリアアップや年収アッ …

在職中と退職後、転職活動に適しているのは?

在職中に転職活動をする  30代の場合、家族がいるひとも多いので、自分の意志だけ …