30代の仕事探しスタイル|経験を活かす転職術

*

30代の面接で語るべき志望動機

   

履歴書と同じ言葉をくり返してはいけない

 面接で必ず聞かれる質問の一つに、応募企業への「志望動機」があります。面接時には、面接官の手元に履歴書と職務経歴書が用意されていますので、それとまったく違う「志望動機」を話すは論外です。

 ですが、履歴書に書いた「志望動機」と同じことをくり返しても、何の意味もありません。

 限られたスペースでは書ききれなかった、応募企業や募集職種を目指した理由や、自分が即戦力として活躍できると考えた根拠となる具体的なエピソードを披露するなど、履歴書を補完する内容をアピールすることを意識して、準備しておきましょう。

企業ニーズに合ったアピールを徹底する

 過去にマネジメントやプロジェクトリーダーの経験がある場合、個人として期待されるミッションを達成できる専門スキルやノウハウを持っていることだけでなく、ゆくゆくは組織運営に関わって、より企業貢献していきたいといった、キャリアビジョンに関わるアピールをしておくことも、一つの方法です。

 応募に際して、十分に企業研究を行うはずですから、企業ニーズを把握したうえで、「志望動機」に肉づけをしていきましょう。そうした多角的な視点で「志望動機」を語れることが、その後の質疑応答の真剣さを引き出すはずです。

【関連記事】
逆質問を有効活用する
30代の面接対策

 - 面接対策

  関連記事

30代の面接対策

事前準備で面接の成否が分かれる  30代が希望の転職を果たすための面接に臨むなら …

逆質問を有効活用する

アピールタイムとして活用する  「逆質問」も、鉄板と呼ばれる面接の質問事項の一つ …