30代の仕事探しスタイル|経験を活かす転職術

*

30代の面接対策

   

事前準備で面接の成否が分かれる

 30代が希望の転職を果たすための面接に臨むなら、事前準備を入念に行っておくことが、とても重要です。応募書類の控えを読み返したり、企業のホームページで理念やビジョンを確認するのは言うまでもなく、ライバル会社についてのリサーチを行うことで、現状の課題を探したり、中途採用者に何を求めているかを再確認して、自分がアピールできる点を洗い出し、それを補完できるエピソードを探しておくと、質疑応答がスムーズに進むはずです。

 本当に入社したいと考えている企業なら、多角的な情報収集をしたうえで、質疑応答の想定回答を準備しておくべきです。

常に相手の立場を考える姿勢をアピール

 在職中の30代の場合、現職に迷惑をかけるわけにいきませんので、面接の設定を勤務時間後や休日にしてもらうケースも少なくないでしょう。ですが、それを当然だという態度で面接の臨むと、質疑応答を聞くまでもなく、不採用のカテゴリーに入れられる可能性が高くなります。

 特に、二次面接など、現場担当者の面接の場合は、それが顕著になります。それは、あなたの都合で面接時間を組むことで、面接官に残業や休日出勤を強いているからです。

 「私の都合で、面接がこの時間になってしまい、申し訳ありません」と、必ず一言添えるようにしましょう。

【関連記事】
30代の面接で語るべき志望動機
逆質問を有効活用する

 - 面接対策

  関連記事

30代の面接で語るべき志望動機

履歴書と同じ言葉をくり返してはいけない  面接で必ず聞かれる質問の一つに、応募企 …

逆質問を有効活用する

アピールタイムとして活用する  「逆質問」も、鉄板と呼ばれる面接の質問事項の一つ …