30代の仕事探しスタイル|経験を活かす転職術

*

30代の転職5つの流れ

 転職活動に取り組む中で、必ず各ポイントで悩むべき箇所が出てきます。多くの人が悩むであろう箇所を、流れに沿った形で考えてみましょう。事前にそれを知っていれば、案外その悩みが小さなもので済み、クリアしやすくなるはずです。

就職・転職準備について

 100%の目標はもちろん定めておきたいですが、70%くらいの目標も定めておきたいところ。30代はまだ若い。この先も転職があるかもしれないと考えておくのも悪いことではありません。この心に余裕を持った準備態勢が柔軟な、そして視野の広い転職活動へと繋がります。

【参考記事】
30代の転職計画
市場価値を知って現実的な転職をする
在職中と退職後、転職活動に適しているのは?

求人情報について

 心の余裕と広い視野を持ったことで、求人情報との向き合い方にも余裕が出てくるはず。ここでも大きな悩みを抱えずに済むのです。気になってピックアップした各求人の比較検討も行いましょう。理想も大事ですが、より採用されやすいかどうかも気にしたいところです。

【参考記事】
30代が活用すべき求人情報媒体
転職エージェントを30代はどう活かす?
転職サイトのスカウト機能を30代はどう活かす?

履歴書や職務経歴書について

 30代は確かに若いかもしれませんが、しかし、履歴書や職務経歴書でやたら若さをアピールするのは避けましょう。それが通用するのは20代までですし、若さアピールは能力がないことの裏返しと捉えられかねません。それよりも能力、適性、こうした具体的なものを伝えるべきです。

【参考記事】
30代の履歴書で見られるポイント
30代の職務経歴書で見られるポイント
応募書類を送るときにも注意が必要

面接について

 面接でも、具体的な話を盛り込むようにしてください。志望動機にしても将来へのビジョンにしても、過去自分がしてきた仕事にしても、相手に伝える事には具体性がなければ伝わりません。生き生きとした感じなどは話していれば伝わりますから、話す中身は具体性を持たせるよう考えておいてください。

【参考記事】
30代の面接で語るべき志望動機
逆質問を有効活用する
30代の面接対策

退職・入社準備について

 30代の転職では、入社後すぐ動けるような期待を背負っているはずです。というよりも、背負ってください。同業種・同職種であっても企業が変われば勤め方や勝手も変わってきます。その情報を事前に入手し準備しておきましょう。そうすれば入社後の悩みも格段に小さくなります。

【参考記事】
退社の理由をどう伝えるか
退社の関わる手続き
30代の途中入社の注意点

公開日:
最終更新日:2015/03/19